2010年09月13日

短期目線と長期目線



韓国で叩かれに叩かれた2年生と私です。。



また1からのスタートとして考えています。



守りや攻撃・戦術・気持ち・練習方法などなどetc・・・




ただ短期で済まさないといけないものと長期で達成していかないといけないものはしっかり分けなくては。




それ混じるとえらいことになるしw



これから、叩かれた奴らも含めてしっかり指導者としてやっていかねば!




指導者とは



その名の通り、指で方向を差してやって、選手を導いてあげる者!



先生ではありません!



指を差す方向だけは間違えないように!







続く




posted by Jr. at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

時間が無いのである。。。




今週末にセゾンは韓国遠征に行きます。


これは、現在の高校二年の世代から毎年重ねて3年目です。



去年から、大阪のヴェジットFCの監督である 金(キン?キム?)さんの紹介で韓国のチームとやらせてもらっています。



さぁ、金沢遠征の間は韓国メンバーはほったらかし。。。


やべぇ、時間が無いわな。



今日も、野洲高での練習が時間がずれ込んで17:30ごろから日暮れまで。。。



速くする練習だけで終了。


こんなんで間に合うのか?


やるしかねぇw


子供らには、外国には絶対負けないという断固たる決意で臨んで欲しい。


韓国人には、君達を ”日本”のチームとしてしか見ないからね。


韓国からしたら、東京から来ようが、九州から来ようが、滋賀から来ようが


”日本”から来たチームなんです。


つまり、君等が負けたら、日本が負けたと同じ意味を持つのだよ。



外国人いは絶対に負けない!絶対勝つ!


コレ大事です。



日本ではどちらでもいいんです。勝っても負けても(1年に数回は勝たなくてはいけない事もあるが)


でも海を渡ったらそうはいかんのだよ!






伝わってるかなぁ。。。





では。



Nature1-015.jpg






タグ:韓国遠征
posted by Jr. at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

子供の力は無限大∞




どうも。


ちょっと盆休み頂いてましたw(ブログだけですがw)




指導者を始めてから感じる事が多々数多くありますが




その中から一つ。




タイトルにも書きましたが。



どういうことかというと




大人が子供の邪魔をしてはいけない。    です。



大人の見解でorモノサシで子供を計ってはいけないということです。



指導のやり方は色々ありますよ。


怒る、注意する、話しかける、黙る等



知らず知らずのうちに指導者の考えの中で子供の行動を考えてしまうものなので、私は注意してます。


子供はすごいスピードで成長するもので、吸収の幅は大人の頭の考えでは計れないということですね。


つまり、子ども扱いせず大人にするような要求をしても返せる子がいるということ。



範囲は考えないといけないですが、無茶な要求もたまにはしてみるといいんではないでしょうか?(そればかりはアカンですけど)


無茶な要求も狙いがあって、諦める子供やそれでも向かってくる子供がはっきり分かれて見えたりするんですよね。。



うーーん、やっぱり奥が深い。。。




この文章は私個人の意見ですのであしからず。


この文章がセゾンの考えではありません。


よろしくお願いしますm(__)m


201008122136000.jpg



posted by Jr. at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

いい連携とは?




なんか偉そうなタイトルですがw・・・



いい連携とは


パスがつながったり、ピンチを切り抜けたりという目で見えるものではなく


複数の人間の頭の中が繋がる事がいい連携だと考える。(私は)




目に見えた連携よりも、頭の中で繋がった連携の方が美しい。




おそらくw



以心伝心とはこういうことを指すのではないか?な?


201008061325001.jpg

続く



posted by Jr. at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

なぜ、速くするのか?

kamera 0011.JPG


大は小をかねる


言わずと知れた日本語です。



タイトルを言い換えると



速いは遅いをかねるw




まぁ、サッカーも色々な"速さ"がありますが。



速いことが出来る人は、遅いこともできる。



ゆえに、速い事ができる人は、遅い事をした時にミスが少なくなる。



なぜ、スピード違反があるのか?


スピードをだすと、周りの情報を取りにくくなります。見落としもでてくる。


ゆえに判断ミスが増える。から?事故増えるし、事故ったら命の危険が高いから?もちろんそれもあるよね。そういう出動が増えたら、警察もめんどいしねw






では、なぜ、日本にはスピードを出して車の運転の技術アップを図る施設がないのだろうか???


警察がそうさせてる?

政治がそうさせてる?


どちらにしても、はっきり言ったら、スピード教習的な事がもっとあったら、一般道の事故が減るかもしれないのに。(単純に速い事に慣れたら、遅い事が正確になるから)(オネーチャンを見ててのわき見事故は除外してくださいねw)



サッカーに置き換えたら




速さを鍛える環境はありますか?(スピードアップ施設)


大人が速さを鍛えるようにしてあげてますか?(ブレーキかけさせてませんか?)


練習でもTMでも速さを練習してなくて、公式戦で「もっと速くしろ!!」なんて私は言えません。


だってやったことないからw自分が選手やったらそう思うわw




最初に戻ると、


人間成長の違いがあるので、一概に速いが同じであることはありませんが、現状での限界のスピード出しても事故を起こさないようにできる事は必要であると私は思ってます。


もちろん、色々な個人の特徴がありますから、強要は不可ですよw


もちろん、スピードだけがサッカーではないですからねw




続く。





posted by Jr. at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セゾンたいむす topへ戻る