2012年06月27日

ユーロ観戦記



寝不足の日々をお過ごしでしょうか。w



ユーロ見てますw



ようやく、新しく購入したPCにも慣れ、テレビ録画ができるようになりましたwww



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!




先日、スペイン対フランスの試合を鑑賞しました。




もう皆さんもスペインに試合を鑑賞されてますよね?




もうスペイン=バルセロナやんwwって思ってしまいますよねw




シャビとイニエスタいたらバルサになっちゃいますよね。




シルバもその味あるしね。




トーレス浮まくってますね。。





さてさて話を戻しまして





相変わらずポゼッションしてるスペイン。




解説の金田さんが当たり前の事を話してくれました。




リベリーの触る回数が極端に少ないことに言及。




なるほど。




頭ではどっかでわかったフリをしてるだけでした。




ポゼッションしてる間は、敵は攻められない。長所だせない。




当然過ぎて考えてなかったかも。。反省





相手にキープレイヤーがいたら、ポゼッションすればキープレイヤーでなくなる。




相手の右にキープレイヤーがいたら、右に球を行かせないように右は積極的に切れと話をして試合をさせたことはありますが。。




ポゼッションしてそうなる事を改めて気づかされました。




特にリベリーがボールを持ってる時に特徴を出す選手だからなおさらでしたね。




全然存在感出せてなかった。




新将軍って言われていたのにテレビで。。




なら、イタリアは中盤の底にキープレイヤーのピルロがいるからやっかいだね。。




ボランチは嫌でもボール触る回数多いもんw




リベリーは前気味のポジションだもんね。



守備で自陣に降りてきてボール触っても怖くないもんね。。




フランス戦は、本当にスペインはリベリー無視の作戦でも勝てたのでは?と思ってしまいます。



だって触らせないくらいポゼッションできる自信があるから。




いまだに失点イタリア戦だけだもんね。




スペインってすごいね。




もちろん、クラブと国代表を簡単に比較できませんが、どっちかと言えば失点の少なさから言えば、バルセロナよりもスペインの方が確実な戦い方して勝つ方法をしているのかも。





そりゃ失点少ないよね。




相手のエースが触る回数が少ないんだから。



絶えず8・9人守備に回らせてるんだから。



取られた後の守備も徹底してるから。(相手も数が少ない攻撃しかできない)



時にはエースが守備で追い回してる時あるし。





参考になりました。






当たり前の事ってなかなか自分で気づくのって難しいですよね。。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!




長文読んでいただき感謝します。





ではでは。





posted by Jr. at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

タイミング



タイミング





という言葉をよく口にしてしまいますが、、、





最近特に多いかも。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!



自分がやりやすいタイミングにやりたいプレーを選択する子が非常に多い。(野洲高もそうですが)





自分ができるタイミングが相手を抜けたり、パスを通すタイミングでないことが多い。





自分がやりやすいタイミングで仕掛ける事が、仕掛ける事ではない。




仕掛けるという言葉は普段日本語でいう時にどういった言葉で用いますか?




私は、罠を仕掛けるしか頭に浮かびませんがww




よくニュースで罠に捕まってる、アライグマやクマなどの映像を目にします。





そして、キャスターが仕掛けた罠にかかりましたと言っています。





つまり





相手がこうする事がわかっていて(餌を取りに来る獲物)



その取りにくる形に対して、対抗策を持っていたら獲物はGETできる。





まー、人間はそう頭の悪い生き物ではないですが。。





つまり、仕掛ける事がとにかく前に行くという事だけではないということです。





じゃぁ、パワープレイはすべて仕掛けるという事になるのか。。





でも、前に行くという姿勢は悪い事ではありませんもちろん。





ですが、前に前に仕掛けているイメージがあるメッシも前に仕掛けているだけではないのです。




簡単に味方に預ける時があれば、ちょっと行くフリをしてバックパスを選んだりしているのです。





もちろんいつも相手の向こう側は、意識してプレーしているはずです。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!


話を戻して




パスを出すにしても、ドリブルをするにしても




自分がやりやすい状態にしてからプレーしていると




結局




捕まる事が多い




逆に




体勢が悪くても、バランス崩れてでも、ちょっとしたフェイク入れてでも、自分がイメージするタイミングじゃない時でも、自分がやりにくい・プレーしにくい体勢でしたプレー(ドリブル・パス)






意外とタイミングのいいパスになったり、あっさり相手を抜いたりしている事が多いんですよね。




工夫したトラップや工夫したドリブルの入り方している時の方が抜いたりいいシーンになっている時が多いんですよね。




もちろん、そうしたプレーが狙って出来てほしいんですが、



たまたまやったらうまくいった







狙ってできるように






要は、相手がそうしてくると思ってない時にそのプレーを選択できる。




セゾンでいう逆を取るという事にもつながってくるのでしょうかね?




しかし、相手がそうしてくるとわかっていたら





どんな相手がでかくても、どんなに相手の足が速くても




対処したり、怖がってプレーすることはなくなるんだろーけどねw




それに対してのスキル・技術はもちろん磨いておく必要はありますがね。




そこは、やればやるだけできるようになるはずですからw









長文読んでいただき感謝します。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!



ではでは




posted by Jr. at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

選手が変わる時




このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!





選手が変わらないということは、監督が変わらないから。


選手が変わらない要因は、監督にある。


と私は信じています。



実際に体感しているから。



まだまだ、指導者としての経験はありません。



ただ、選手は自分の鏡である。




選手は、教え子は、自分である。




自分が変われば、選手も変わる。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!





ではでは。
posted by Jr. at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

今年はありがとうございました!


管理人です。



6月から始めたブログですが、多くの人に読まれるようになり感謝以外に表す言葉がありません。




今年もあとわずかですが、読者の皆様が健康であることと、すこしでも多くの良いサッカー選手を生み出せるように頑張っていきましょう!




来年もこのブログをよろしくお願いいたします!





8月を越えた辺りから、多くの人が多く閲覧されるようになりちょっとびびった事により、うかつな事が書けない状況になってきましたが




来年は、そんな事を気にせず更新をしていきたいというのが





来年のこのブログの抱負です!






ではでは!





明日は、野洲高校の初戦です!





相手は、長野県代表の松商学園です!





長野を代表するスポーツ学校なので侮れません!





頑張ってください!






posted by Jr. at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

環境が大事というのは・・・


どうも、こんばんわ。




私、昔スキーをやっていたのもで、、




ひとつ、環境に関してのいい言葉があったので紹介したいと思います。






あるスキーの名コーチが日本に来てこういったそうです。






「日本のスキー場は狭すぎる」





これにはいろんな意味があって(それを言い出すとキリがないのでw)





一つ照準を絞って




日本は、スキージャンプやモーグルなど得意もしくはお家芸といわれるウインタースポーツ種目を持っています。



しかし、スピードを競技するアルペンは、全くといってメダルの期待がないといわれています。




それの原因が日本のスキー場の狭さにあるというのです。





子供の頃から、周りのスキーヤーを気にしてスピードが出せないやら、練習場所が確保できないやら、色々問題があったそうです。




このスピードを出せないというのが一番のポイントです。




日本から、有名なF1レーサーが出ないように(小林可夢偉選手は海外に早くから出ていた)





日本は、スピードの出しすぎにうるさい国ですw





スピード違反やら何やらw




ならスピード出せる環境作らんかい!




スピード出すのも、スピードコントロールだし、スピード落とすのもスピードコントロールである。




さぁ、メッシはどっち?








答えは、どっちもw(どちらか選べと言われたら、スピードを上げる方でしょうね。)




彼は、スピードを上げながらスピードコントロールをする達人です。




と同時に



W杯で見せたように、ゆっくりやったらなおのことスーパーな選手です(スピードを上げてもミスをしないのだから、ゆっくりやったらなおのことミスをしない。)





大は小を兼ねるといいますが、





速いは遅いを兼ねると私は思っています。(当たり前かw)






速いができる人は、遅いことはなおさら完璧にできるということです。








ではでは











これは、私個人の意見ですのであしからず。。






posted by Jr. at 21:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セゾンたいむす topへ戻る