2012年05月25日

言わない言わない言わない




変なタイトルですが




前置きです。




ここ最近練習で私は静かです。(たぶんw)





指示するのは全員を集めたりしたときだけ。




何も言わない時間をたくさん作ろうとしています。


このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回押していただけると、ポイントが入りランキング上位を目指せます!よろしくお願いします!






指導は、言いたいことをいうのが指導ではなく




子供が本当に聞きたい事を言ってあげることだと教えられています。




どうすれば点が入るの?



どうすれば失点がなくなるの?



どうすればドリブルで相手が抜けるの?



どうすれば逆がとれるの?




どうすればキックが正確になるの?




どうすればオフザボールで動けるようになるの?




どうすれば気持ちが強く持てるの?





各指導者さんで教え方は違うと思うのでアレですが。





子供が本当に聞きたい事だけをいうという事は本当に難しい事だと思うんです。




でも、それが一番子供がほしい言葉だったり、聞きたかったことであったり、すると子供の行動が変わったりすると思うんです。






そんな能力ほしいwww





人が欲しいと思っている言葉が言えるw





女の子にも応用できますかねw





一番かけてほしい言葉をかけることができたら、サッカーの指導者だけでなく





日常生活や仕事でもプライベートでも使えるのかもしれませんね。




このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!





ではでは。









posted by Jr. at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

練習・練習・練習


暖かくなったり、寒くなったり、もう体が持たないであろう私です。。




うー。。




前置きはさておき





私は中学生のころ、岩谷監督に言われている言葉がいまだに残っている言葉があります。



私はセゾンの中でも本当に下手であかーん選手だったのですが




セゾンは練習が一番厳しいんや




だから練習試合ほど楽なものはない


厳しくやった練習を出すだけだから




これは当時はよくわかっていませんでした。




しかし、指導者になりわかったことがあります。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!




試合の結果は、練習で何をさせてきたのかによってはっきりでる。




相手がコンパクトにしてボールを奪いに来るチームであれば、それを想定した練習をしていたかどうか?



相手がロングボールを多用してくるチームなら、それを防ぐ術を子供たちに持たせてあげれているか?




相手が引いて守ってカウンターならそれを崩す為の練習をしていたのかどうか?




によってさまざま状況は変わってくる。




もちろん、そういったことを度外視した練習もよくやってますが




指導者の準備が子供たちの試合を左右することもおおいにあり得ることですよね?





もちろん、子供たちがその場で自分で考えてプレーすることの方が大事です。





しかし、子供たちを相手がこうしてきた時に、崩す術だったり、守る術だったりを武器として持たせてあげられているか?



試合の結果は、試合までの準備にかかっている。もちろんですよね?





こないだ、3年生のクラブユースの決勝戦を手伝いに行きました。





そこでこんなシーンが



前置きしておきますが批判ではないのであしからず、感想ですw




相手の選手がゴール前で、クロスボールを慌てたか、浮かしてしまったか、ボレーシュートを外してしまいました。




そこで相手の監督が「センスねぇ〜!」と2回くらい言って嘆いていました。(あの声は選手にも届いていただろうから、ちょっと気の毒に見ていました。)



ここで問題なのが



指導者がそういった事があり得ると思ってその子にボレーシュートをさせたことがあるのか?



もしくは、練習のゲーム中にボレーはこうやって打ったら入るんだよと指導できていたのか?



シュートの時は落ち着いて打つんだよと指導できていたのか?



あそこでセンスが出るように練習していたかどうか?



それらを省いて、もしあの場面を迎えての結果であれば、その結果は当然のことなのかもしれません。




しかし



そういった事を教えなくてもできる選手もいると思います。



もしかしたら、個人的にそういった練習を考えてやっていたかもしれませんし、もしくは本当に才能でやってしまう子もいると思います。



それは選手がすごいのです。




実際にやっている練習が全て試合のための練習ではないこともありますが




監督は、「センスは教えられる」と言っていました。




私も、そういったことを教えれる指導者になりたいと思います。





だからセゾンは試合よりも練習が好きなのかもしれません。ね。





このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!




ではでは








posted by Jr. at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

やらんことには結果はでんやろう!!

本日は、野洲高の奥の人工芝コートで練習でした。



何事をやる事にも失敗は付き物といいますが・・・・



偉人も成功者もみんな失敗は経験しとんのやで!!



それをどう克服するのか?



それをどう乗り越えてきたのかによって、皆さん偉人と呼ばれたり成功者と言われているのだよ!





失敗はやらないと出てこない項目ですよね??



成功もやらないと出ない項目ですよね??





やったら、どっちかの結果はでます。



失敗か成功か?




でもどちらも検証する必要はあるわけです。




失敗したらなぜ失敗したのか?




成功したらなぜ成功したのか?




失敗したら、次は工夫してできるようにする。 ⇒成功に繋がる可能性



成功したら、次も成功するように成功要因を知っておく。 ⇒また成功に繋がる可能性




でも今日の練習見てたら・・・



成功もくそもなんもあらへんやんけ・・・



自分ができる範囲しかやりよらへん・・



現在自分ができる事だけ練習でやってても、うまくなるのか??




しかもできる事やってて、ミスが出るし・・・orz




できんことをできるようになってこそ練習やろぃ!!




とにかく言いたい事は山盛りテンコ盛りあるけど、今日はここまで。。






ではでは。





posted by Jr. at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

あえて練習レビュー


まず、今日は聖泉JFCの木下さん、選手の皆さん本当にありがとうございました。




この場を借りてお礼を申し上げます。




今日は、3年生に練習場所を譲ったため、練習場所がなくなってしまいまして急遽聖泉jfcの方に連絡して、急遽試合をナイターでしてもらいました。



聖泉は、滋賀県の東部地域にある良くしてもらっているクラブのひとつです。



本来は金曜は練習がないのに、選手を集めてもらい練習することができました。



本当に感謝です。



ありがとうございました。






場所は、水口のスポーツの森のクレーコートでした。



あいにくの雨模様でw



こちらは2年オンリーで相手は2年と3年生を用意してもらいました。(贅沢言って申し訳ありません。)



19時〜21時で試合。


こちらはA⇒B⇒A⇒Bの順番で、相手は2・3年合同⇒2・3年合同⇒3年only⇒2年only



結果は、


2−1

0−2

0−0

1−1


でした。


聖泉の選手もプレッシャーが途切れることがないので、いい練習させてもらいました。



こちらはというと



サンライズに向けてもう始動してます。(私の中ではですが・・)


40分ハーフという未知の領域へのチャレンジです。(ホンマ長いw)


そのためにやらないといけないことをひとつずつ消化していくのみ。



ただ相手は半端な相手はいないので、厳しい山登りです。




くじけない心が必要です。


折れない魂が必要です。


絶対にブレない技術が必要です。


まだ経験もしてない場所での試合ですから、子供らはピンときてないようでしたが・・・





戦う事の意味は、韓国で叩き込まれたはず。


あとは、うまくなっていく事。



自分がどれだけの事を教えていけるかの勝負でもありますね。




厳しい世界に身をおく事は、人生の中でも絶対に有意義だし、志が低いものにはわからない世界があります。



先輩から譲りうけたものではぴんと来ないかもしれない。



でもそれは相当重いバトンなのだよ。




受け継いだら、次につなげないとね。




取りまとめのない文章になってしまいました。




改めて、聖泉の木下さん、選手たちありがとうございました!!!






ではでは。


タグ:聖泉jfc
posted by Jr. at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

2010/09/17 練習レビュー


こんばんわ?こんばんは?

 ↑  ↑ 

コレが、いまいちわからなくなった、管理人です。




2010/09/17


韓国帰りからとにかく速さのレベルをまず上げることをメインに考えながら、試行錯誤しています。




DFもそうやし、パスもそうやし、ドリブルもそうやし・・・・・



そして、オフの動きをしこたま怒りながらやっとりますわ。




お陰で、家に帰ったら喉いった痛いし。。。。。もう・・





たえず喋ってないと、動きを止めるスポーツではない事を色々角度で話しながらやってますわ。






これに慣れてくれるまでに、どれくらいかかんにゃろ?




あとは強く言ってる事は・・・・   やはり ”気持ち”ですね。





やってる練習が同じ、一緒に教えているのに差が出る現実。



現役の時も自分を情けなく思っていた私ですが、子供らにはそんな経験して欲しくないから、もう必死ですよww




自分が大人になって、過去の中学生の自分にありがとうといえるように頑張るんだよ!





今ならまだ全然間に合うんやからね!








つづく





 
posted by Jr. at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セゾンたいむす topへ戻る