2012年06月08日

twitterアカウント



twitterアカウントを新しく取得しました。




アカウント名      @saisontimes   or  SAISON-NEWS  



これで検索HITすると思います。





このブログ連動でより多くの方に見ていただけたら幸いです。




ランキングも参加中ですので、ブログ村のランキングボタンのプッシュもご協力お願いします!!





これからもよろしくお願いします!!!


このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!





ではでは







posted by Jr. at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾンFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

立ち上がり

試合の立ち上がり



最近立ち上がりについて考えることが多いです。



ペースをどちらが奪うのか。



いやどれだけこちらが早くペースを握るのか?



相手が元気で走れるうちにペースが握れてるのか?




それに執着している私がいます。




飛行機は飛び立つまでが一番燃費が悪いんです。


飛び立ってしまえば、あとは惰性でも飛んで行ける。




車もそうで


一時停止からアクセル踏んでスピードに乗るまでが一番ガソリンを使う。






スタメン選手が最初にオーバーペースになっても早めにペースを握りたい。




それが選手の力を出させるポイントの一つであると私は考えます。




ペースの握り方は多種多様だからこそ



監督の手腕が発揮されるべきところだと思うからです。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!






ではでは。











posted by Jr. at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾンFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

試合を戦っていくこと  その2

試合を戦っていくこと その2


ということでw(ほんま偉そうですいませんw)




皆さんは練習試合や公式戦での戦い方、特に選手の出し方ってどうされてますか??





岩谷監督がよく言う言葉は



セゾンでは上手いやつが長い時間試合に出られるのが当たり前



といってます。




ただ、季節や学年・練習テーマによって試合の選手の出し方は変わってきます。




監督・コーチとして選手の出し方って重要だと思うわけです。



自分が選手だった時のことを思いだせばそれは容易に想像できます。



現役でやっていた時、高校時代や中学時代を思い出してくださいw



ぎらついてる奴なら、「早く俺を出せや!」とか「なんで俺を出さへんねん!」


ってやつもいるでしょうし、その逆もおおいにあるでしょう。



そういうのもしっかり感じてやらないといけないし、それを観るのが仕事でもあると思うし。



ほかにも、時期や学年によって全員均等に出すときもあるでしょう。



その時は、まーほぼ試合の結果は見ないようにすることが多いでしょうね。


テーマにもよりますが、試合の結果気にしてたら公平に選手を出せなくなりますしねw



前半組と後半組に分けて同じテーマで戦わせたりもしたことありますし、そうしたほうが結果がはっきりわかるので選手が納得しやすいかなーとかも考えます。



あとはこの選手を伸ばしたいとなれば、やはりスタメンの中にどのタイミングで入れてあげたらいいのかとかも考えますし。



前回の試合を戦っていくこと その1とリンクしてくる部分もありますよね。




試合テーマによって、目的によって選手の出し方も大いに変わる。



ここも私が多くを考えさせられた部分です。






長文よんでいただき感謝します!




このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!





ではでは。















posted by Jr. at 13:30| Comment(1) | TrackBack(0) | セゾンFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

セレクションが終わって

2012年のセレクションが終わりました。




受けていただいた全ての選手・保護者の方々に感謝いたします。




セレクションのゲームを見せていただいて、夜遅くまでスタッフでミーティングを重ねて決定した次第でございます。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!





さて、




これは毎回思うことなので今回は書かせていただこうと思います。






セレクションは何の為に行っているのか?





それは、セゾンFCの指導を受けたいと思っている子・もっ上手くなりたいと思っている子・プロになりたいと思っている子を見極める為に行っています。





決して、受けに来た全員の子供の今の順番を決める為に行っているのではないです。




だから、合格したらOKなのです。





なぜなら、セゾンFCに入ることが目的だから。(のはず)





なのに、結果の評価を気にしたり、誰々が受けに来ててあの子上手いからやめときます。。。





とか、毎回あります。





親御さんの気持ちもよくわかります。




でも、今現在の実力なんてあってないようなものです。(成長は絶対させるから!)




親御さんは評価(結果)を気にするものですから。





でもですね




セレクションに来た目的は、セゾンに入ることであり。セゾンに入って学ぶことであるはずなのに




気にすること間違ってないですか?





今までの積み重ねももちろんありますが、これからのセゾンでの積み重ねの方がもっと大事なのでは??????




どうせ順番を気にするのであれば、






3年後の中学三年生の冬のこの時期に何番になってるかの方を気にしていただきたい!!!!!!!!!!!





我々は、もちろん現在の評価をしなければいけません。(現在だから)





しかし、この評価が3年後全く一緒なんてことは一切・これっぽっちも考えていません。




むしろ期待を裏切ってもっと化けてくれることを望んでいます!






来ていただいた子供達にはこれからもっと可能性があるはずですから。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!




長文読んでいただき感謝します。












posted by Jr. at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | セゾンFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

指導者としてのレベル


本日土砂降りのため、練習をお休みさせていただきまして


野洲高校で



大阪セゾンと滋賀セゾンの試合を見に行きました。



結果と内容は書きませんwww(何のためのブログ??)



書きたい事がそれではないので。。







本日、野洲高校のプリンスリーグがありました。



本来、岩谷監督が試合を見る予定だったのですが、豪雨になったため途中で試合は切り上げとなってしまいました。



ビッグレイクから急いで野洲に向かっていたそうです。




私は、すでに野洲から離れていて、そこへ岩谷監督から電話が。




そして、話の中で



「んで、試合はどやってん??」





と聞かれたため、(報告という名の感想だったのだと後で思わされたのですが・・・・)



説明をしました。




すると



監督からお叱りの言葉が




「お前セゾンのコーチやろ!そんな素人みたいな報告があるか!」「報告と感想は違うんや」「お前はどう見たんや??」「それ以外には何もないのか??」



とお叱りを受けました。



今考えてみれば、本当にひどい説明だったと思いました。



帰ってきてからも反省して辞書で報告と感想の意味を引いたりもしました。




社会人として、連絡や報告は必要不可欠なことであり、またその連絡や報告の仕方でその人の仕事のレベルが分かってしまうものなんですね。





最後に岩谷監督はこうおっしゃられました。




「今の報告を聞いて、お前がいかにショボい指導者なんかがよくわかったわ。」





セゾンの指導者になってから5年目に入りました。。



5年目なのにまだこんな事を言われているようでは。。。。本当に恥ずかしいです。




まだまだ良い指導者になる為に上る階段はたくさんある。




サッカーとは違う面からでも指導者というのは見られているのだと認識させてもらいました。




また勉強です。




ではでは。






posted by Jr. at 20:46| Comment(1) | TrackBack(0) | セゾンFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セゾンたいむす topへ戻る