2013年02月19日

アスリートの輝石

年末にBS日テレで放送されたアスリートの輝石 Ver26 乾貴士

の番組録画を載せてくれていた人がいたので紹介させてもらいます。


アスリートの輝石 乾貴士


乾貴士選手の特集の中にセゾンFC・野洲高校の映像が流れてます。


直近のセゾンFCの選手の生の声や恐縮ながら、私の指導している風景も放映されてた様子です。(実際どこが使われてるかわからないので困りましたww)


興味がある方はどうぞ



少し関西弁が見苦しい、聞き苦しい所もありますのでご容赦をww



以後気を付けます。。




魅力的なサッカーが日本各地で行われ、それが日本の文化となる為に!

FOOT UNION JAPAN  URL    http://footunionjapan.net/


未来を描くために!同志集まれ!

よろしくお願い致します!



ラベル:乾貴士 セゾンFC
posted by Jr. at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾンFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

野洲高校の選手権報告と新しい取り組みについて


こんにちは。


長らく更新できず申し訳ありません。


昨日、野洲高校の新チームが新人戦の第1戦目を行いました。


自分の中では消化しようと思ってもなかなかできずで。。。



12月31日の全国高校サッカー選手権大会  1回戦


対 青森山田戦


このブログの読者の方の中にも観に来てくださった方もおられるかと思います。


足を運んで頂いて本当に感謝いたしております。


実際、見ていただいていかがだったでしょうか?


テレビで見ていた方々はいかがだったでしょうか?



もちろん野洲高校の戦績は、一回戦敗退です。これは変わらない事実です。


しかし、これだけのメッセージ性のあるサッカーは他になかったと思っています。


満員に近い15008人が埋め尽くした駒沢陸上競技場


そしてその観客が一斉に出すあのどよめき


そして印象深かった、試合後のスタンドに礼をした時のスタンディングオベーション



もっと試合をさせてあげたかった。


それは、優勝するためだけではなく、もっとこのサッカーをたくさんの方に触れて欲しかったから。


そして、日本のサッカー観を変える可能性を見て欲しかった。



それだけです。



彼らの歩みを私は(セゾンの子達)6年間見てきました。


本当に彼らの周りは応援する人たちで溢れていました。逆を言えば応援したくなる子達でした。



だからこそ今脱力感が取れませんwそんな事言ってられないのですが。。。



試合後



岩谷コーチが話した事が本当に頭から離れません。



この敗戦で、日本の高校サッカーが変わるのが20年遅れたことは確かだ




自分はこの言葉をサッカー指導者としてどう受け止めていけばいいのか考えました。それも必死に。


日本の高校サッカーの進化を20年も遅らせてはいけない!



そして、行動を起こす決意をいたしました。




昨年から取り組んできた新しい取り組みをここで発表させていただきます。




日本にサッカー文化を根付かせる為に


日本にたくさんの魅力溢れるサッカーが展開されていく為に


FOOT UNION JAPAN を立ち上げます。


詳細はHPアドレス     http://footunionjapan.net/



もう野洲の敗戦から、足踏みはしてられません。



まずは、共感していただける仲間からの出発になります。



私は今まで迷いながら生きてきました。


自分が世の中為に役に立つためには何をしないといけないのか?


自分が世の中に対して社会貢献していくには何をしないといけないのか?



いつも探していました。。


この組織は私にとってそれができる可能性を持った取り組みだと信じています。



万人に支持されなくてもいい。批判されても進んでいく覚悟を決めています。



人として生まれてきたからには、人の役に立つことをしなくてはいけない



私はこれを親から教わりました。



だからこれは私の使命であると認識しています。



私はサッカーにとても感謝しています。



今まで生きてきて半分以上共にしてきてるからです。



日本に生まれた事に感謝して、日本のサッカーに少しでも感謝の意を行動で示したいと願っています。



この組織は、はじめの一歩です。



ぜひ共感していただける方は参加していただきたいです。



HPにも書いていますが、決して染まってくれという事では絶対にありません。



この組織のサブタイトルは、変化と融合です。



今までの経験や知恵とこだわりに、組織のエッセンスを融合させていただければと思っております。



一番の共感は



日本にサッカー文化を根付かせる

ですから!




これからもどうぞよろしくお願いします




ではでは








posted by Jr. at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾンFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

全体のレベルアップのためには

6月の頭くらいにBのメンバーで遠征に行ったとご報告させていただきました。



現在、その効果が少しずつ出てきているように思います。


このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!



サッカー手帳に昔書いた言葉があって




AとBの差    →    接し方の差  指導に差がある











2年生の底上げを考えたのもこのメモを見直したから。




抜け・漏れはたくさんありました。




コレがちゃんと伝わってない



アレがしっかりできてない



こんな事が出来るんだ





見えてきたのも様々ありました。




実際には、練習の場でいろんな事に気を取られて気づけてなかったのかもしれません。




色々な事に気を取られることはありますが、子供たちには全く関係ないしいい迷惑な話で。




ですが、実際にゲームレベルは以前のものと違うものになってきています。




2人ほどAで戦えるメンバーが出てきていますしね!





AとBの差    →    接し方の差  指導の差がある


AとBの差    →    接し方の差  指導の差がある


AとBの差    →    接し方の差  指導の差がある






大事なので3回書きましたw






長文読んでいただき感謝します。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!




ではでは





posted by Jr. at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾンFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日




良い癖をつける。




昔から岩谷監督が言われていたことです。






このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!





練習からいつも


逆を取る事


フェイントかける事


トップスピードでドリブルする事


パスをミスしない事


ボールを失わない様にする事


オフで動く事



etc



いつもやっているから、試合でもできる。



意識しないでやれるまでやる。




つまり癖。



右の頬を掻いてしまう。


前髪をいじってしまう


指を鳴らしてしまう


これも癖




何気なくやってしまう






それが、サッカーでも同じ




敵が来たら怖がらないように癖をつける



敵が来ても落ち着ける癖をつける



逆を取るなと言われても、逆を無意識に取ってしまう癖をつける



etc



練習でいい癖をつければ、試合でも癖なので自然と出てしまう。




それがみんなで共有意識で、脳がつながればいい




癖は各高校やクラブチームで伝統やスタイルがあるように




子供たちはそこの色に染まるし、それがいいと思っている。




もちろん指導者もぶれずに信じてやる




癖になるまでがしんどくて、辛くて、もどかしい時期なんです。




癖になる前に諦めていく事ももちろんあると思います。




反復反復。。。。。





癖になればそれが武器になるはず





そうなるように信じて、できるようになった自分を信じて



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!





ではでは








posted by Jr. at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾンFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

長浜・掛川遠征  1



6/9と6/10に長浜と静岡を結んだ遠征に行ってきました




2012-06-10 13.49.42_R.jpg





すいません、6/9の写真は雨だったので撮ってません(爆)





2年生は5月に遠征に行ってない組を連れて、1年生はけが人を除いた全員を連れていきました。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!


6/9日は長浜




長浜ドームの隣のグランドで試合をしました。




雨はさほど影響なくグランドも水はけがよかったのであのコンディションの中ではちゃんとサッカーできましたw



さて



試合ですが




今回の2年生の遠征の目的は、




Aの中に食い込んでくるやつを作ることです。




かなり厳しい課題です。



技術的にも、精神的にも、体力的にもかなり追い込んだ遠征になりました。



選手は14名   1日2試合しかしない  その中で走りきる事


妥協しない   コートを広く使う    攻守の切り替え




他にもありますが、大きくこれだけのキーワードは毎回試合の前に話をしました。




自分に厳しく追い込めるか。




追い込んだ先に今自分が将来のために必要な事柄が浮かんでくれたらいいかなと




1試合目は、相手の前がかりのDFに浮足立つ選手がほとんどで、落ち着いてないし、めちゃくちゃするし、誰かに渡しにいってるプレーばっかりで、0-7(25分で泣)で帰ってきました。



もう失点やミスで自分を忘れてその場で必死に頑張るだけで終始していたような感じでした。



もう前半で、この遠征の意味(Aに食い込む為)とこの試合にかける課題なんか吹き飛んでいるようでした。



HTにもう一度確認しました。



何しにここにきてるのか?



はっきり言って今回は、サッカーを楽しむという事から一旦離れて、サッカーの厳しさや苦しさを感じてもらう事がメインな課題です。(私の中で)



自分が今までどれだけ妥協してきたのかと



身体的な能力の差は私だってわかっています。



しかし、そしたらメッシはどうなる?チャビはどうなる?イエニスタはどうなる?



セゾンも全員同じ練習をしています。



同じ練習、同じ事を全員に話し、同じ時間を過ごしているはず。



でもサッカーは練習が同じでも、練習している本人の気持ち一つで、100ある練習が20になったり、50になったりするんです。



セゾンのドリブル練習もそう。100やる子もいれば、20の選手もいる。



全て自分がその練習や試合にかける思いや態度が出る。




4月にスタートした時点ではみんな同じスタートラインにいたはずなのに。。。




っという事を話しました。




この遠征の意味を忘れないで試合すること。一人だけ思っていてもサッカーできないから、試合に出ている全員がそれを忘れないこと。サボらないこと。2試合しかないから走りきること。



それを言って後半出しました。




後半は0-0で帰ってきました。




相手ももちろん選手がたくさんいますから、交代していきゲームレベルは若干下がっていきましたが、子供たちはそんなことよりも



今現在対峙している相手の事よりも、滋賀に残してきた奴らが頭の中では相手だったはず。




それでいい



2試合目は、相手も最初からエースを外してきましたが、こちらはそんなことどうでもいいんです。



2試合目は2-2の引き分け



子供たちは十分走って帰ってきました。そんなことは帰ってきた子供たちの顔を見ればわかります。




試合終わりに話をしているときもしばらく肩でしていた息が途切れる事はありませんでした。




セゾンだけじゃないはずですよね。



チームでの立ち位置をどうしても決めてしまう。



自分はBだとか、Aのサブとか。。。そんなことは今現在そうだとしても、ひっくり返してやればいいのに



並みの努力ではひっくり返りません。



セゾンに来た時の気持ちを忘れなければね。




プロになる etc





じゃあ、長友はどうなるねん???




大学1年の時は、試合というレベルではなくスタンドで太鼓叩いて応援していたんです。



じゃあ今は??



世界一のサイドバックになる為に、インテルでプレーしている。





じゃあ香川はどうなるねん???




2年半前は、J2でプレーしていたんです。




現在は、マンチェスターUの入団が決定。ドイツでも誰も文句つけようがないリーグ2連覇しています。






彼らが自分が悪い時に立ち位置を決めていたでしょうか?



俺はスタンドで応援要員なんやーとかJ2が俺の居場所なんて絶対思ってない。




確固たる信念が自分の中であり、何の妨害があってもそれが揺らぐことはない。




それが、僕は今遠征に来ている子には欠落している。と感じています。





1試合目の前半以外は、伸びしろがたくさん見えてくるようになりました。



全員ではなかったですが、走りきった子が80%以上いたと思います。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!



遠征はつづく








ではでは









posted by Jr. at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾンFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セゾンたいむす topへ戻る