2015年05月13日

目先の○○○に囚われるの巻 パート3

もともと、今日は帰りにお寿司をテイクアウトして帰ろうかと話をしていまして、イオンモールの帰りがてらいつもの草津の寿司の長次郎で買って帰ろうとしていたのですが、ここでひとつの案が頭に浮かびます。







この桂川のイオンにもテイクアウトできるお寿司屋さんあんのちゃうん?


という事でインフォメーションで聞いたら、テイクアウトできる店があるという事で帰りに買って帰るという手間が省けるし、そして3,200円以上買えばまた抽選が引けるではないか!


という事で、お寿司屋さんにいき、買い物を済ませて、いざ抽選会場へ!


意気込んで1Fの催し物特設会場へ。



すると目も覆いたくなるような現実が。。



「本日分の当選本数が出揃いましたので、本日の抽選は終了いたしました」



ちーん。



試合終了でしたw


攻めて攻めて攻め疲れからのカウンターの失点による戦意喪失による連続失点で試合終了のような感じでした。



帰りの車の中で、目先のモノに振り回されたなあと反省。

もともとラグによる支払いは欲しかったモノであるので良かったのですが、その後の買ったモノは自分の目的からは外れていたのかなと。



まんまとお店側の戦略にハマってしまいましたw



目先のモノに執着してしまうと正しい判断が出来なくなって、本当にいるモノなのかそうでないのかの判断も鈍ってしまうのかと。


指導も何か同じものを感じました。

特に指導者が目先のモノ(何か)に囚われたら、選手たちはどうなってしまうのか。

戒めですw

お金の使い方は計画的にw



これから目先の何かに振り回されそうになったらこの経験を活かしたいと思います。





おわり




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村このブログを応援してください!支援のクリックをしてくださる方は上記バナーをポチッとお願い致します。














posted by Jr. at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

セゾンたいむす topへ戻る