2012年05月16日

練習・練習・練習


暖かくなったり、寒くなったり、もう体が持たないであろう私です。。




うー。。




前置きはさておき





私は中学生のころ、岩谷監督に言われている言葉がいまだに残っている言葉があります。



私はセゾンの中でも本当に下手であかーん選手だったのですが




セゾンは練習が一番厳しいんや




だから練習試合ほど楽なものはない


厳しくやった練習を出すだけだから




これは当時はよくわかっていませんでした。




しかし、指導者になりわかったことがあります。



このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!




試合の結果は、練習で何をさせてきたのかによってはっきりでる。




相手がコンパクトにしてボールを奪いに来るチームであれば、それを想定した練習をしていたかどうか?



相手がロングボールを多用してくるチームなら、それを防ぐ術を子供たちに持たせてあげれているか?




相手が引いて守ってカウンターならそれを崩す為の練習をしていたのかどうか?




によってさまざま状況は変わってくる。




もちろん、そういったことを度外視した練習もよくやってますが




指導者の準備が子供たちの試合を左右することもおおいにあり得ることですよね?





もちろん、子供たちがその場で自分で考えてプレーすることの方が大事です。





しかし、子供たちを相手がこうしてきた時に、崩す術だったり、守る術だったりを武器として持たせてあげられているか?



試合の結果は、試合までの準備にかかっている。もちろんですよね?





こないだ、3年生のクラブユースの決勝戦を手伝いに行きました。





そこでこんなシーンが



前置きしておきますが批判ではないのであしからず、感想ですw




相手の選手がゴール前で、クロスボールを慌てたか、浮かしてしまったか、ボレーシュートを外してしまいました。




そこで相手の監督が「センスねぇ〜!」と2回くらい言って嘆いていました。(あの声は選手にも届いていただろうから、ちょっと気の毒に見ていました。)



ここで問題なのが



指導者がそういった事があり得ると思ってその子にボレーシュートをさせたことがあるのか?



もしくは、練習のゲーム中にボレーはこうやって打ったら入るんだよと指導できていたのか?



シュートの時は落ち着いて打つんだよと指導できていたのか?



あそこでセンスが出るように練習していたかどうか?



それらを省いて、もしあの場面を迎えての結果であれば、その結果は当然のことなのかもしれません。




しかし



そういった事を教えなくてもできる選手もいると思います。



もしかしたら、個人的にそういった練習を考えてやっていたかもしれませんし、もしくは本当に才能でやってしまう子もいると思います。



それは選手がすごいのです。




実際にやっている練習が全て試合のための練習ではないこともありますが




監督は、「センスは教えられる」と言っていました。




私も、そういったことを教えれる指導者になりたいと思います。





だからセゾンは試合よりも練習が好きなのかもしれません。ね。





このブログをたくさんの方に見ていただきたいので
こちらの応援ボタンのポチッとなにご協力お願いします!!


にほんブログ村 サッカーブログへ

一回のポチっとなでランキング上位を目指してます!よろしくお願いします!




ではでは








posted by Jr. at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270209762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

セゾンたいむす topへ戻る