2010年09月11日

韓国  5


最終日です。



2日目で戦った相手と再戦です!



DSC00832.jpg





ウォーミングアップからしっかり戦う事をを中心に、昨日の反省と今日の試合の運び方、失点の防ぎ方などをしっかり叩き込みました!!



相手の狙いと相手のいい所をしっかり理解して対応する。


一生懸命の中にも、しっかり頭を働かせて対応し、色々なことを吸収して欲しい!




というような事を言いました。



出発前にも言ったとおり




この遠征は高いお金が発生しています。


だから、私も100%集中して臨みます。


でも、当の本人たちがその様子では。。。ではいかんのです!!



帰って、両親に試合のこと、韓国の街の事、いろんな風景の事を持ち帰らないといけないのです。




なので、しっかり叩き込みました。



できるできないなんて、海外では言ってられない!戦わなければいけない!



そういいながら、アップをしました。





試合



まずは3年生。



戦い方の構図は、基本的に昨日と同じ。


再戦というのは、前回負けていた方が気持ち的にも有利といわれていますが、試合はセゾンが少し圧力がかかっていた試合となりました。


こちらが攻めて、ミスをしてという日本でもなる構図となりました。




しかし、最終局面での体張ったDFは見事で、切られて欲しくないところできっちりスライディングをしてきたり、強く厳しく当たってきたりとゴール前では一進一退で見所の多い前半でした。



攻めてはいるものの、決定機があまり作らせてもらえず、前半は0−0で終了。



後半は、序盤は相手が監督にはっぱをかけられたのか(昨日は5−2で勝っている相手だけに)DFがよりアグレッシブになってきました。


前線からしっかり追ってラインもジリジリとセゾンの陣内に入ってきました。



ですが、そうなればこちらも背後を狙えるチャンスが見えてくるわけで。。。




しかし、後半の15分あたりに、セゾンの左サイドバックが頭を切るケガを負いました。。




応急処置は私がやったのですが、


本人が「出ます!!」といったので、ガーゼを当て、ラッピングテープを巻いた後、キネシオテープでぐるぐる巻きにして送り出しました!!


Jリーグでは良く見ますが、実際にやったのは初めてでしたw


こちらはこちらでいい経験になりましたw




そして、20分過ぎに左サイドバックが駆け上がってクロスをあげるとそれに反応したトップが先制弾をたたき込みました!!


やはり強い意志を持つといいプレーというものを生むんだなと思った瞬間でしたね。



そして、前半から耐えてきたI PARKも若干焦りが出てきた様子が伺えました。



何人かは「負けてられない」と必死に攻撃を繰り返しますが、肝心のDFラインの押上げが弱くなったようにも思えました。



そして、後半終了前にセゾンのMFが左から切り込みペナマーク辺りからミドル叩き込んで、試合終了!



2−0で勝利でした!



攻守ともに、気迫のこもったいい試合だったと思います!






さぁ2年生。



アップでしっかり指示してあるので、試合前はあまり声はかけませんでした。




試合開始



前半からという指示も出ていた事もあり、キックオフからなだれ込むように相手陣内にプレスをかけにいった矢先でした。



セゾンのMFが浮き球の処理の際に相手と接触し負傷しました。(開始30秒くらい)


選手に聞いたら、×という事だったので、交代を告げました。



そして、応急処置している間にこちらが先制します!




そのFKをリスタートし、ショートでつなぎ、そして走りこんできたFWにつないで先制!



あっという間でした。



私も気がついたらキーパーと1vs1だったので。。。




それで、相手も火がついたのか、怒涛のサイド攻撃を開始。



修正は加えたものの、準備がやはり足りないのがはっきり出ましたね。



2・3本のカウンターは防いでましたが、結局サイドの裏を突かれて、早めのクロスで失点。



そしてキックオフして間もなくゴール前のクリアを拾われて、ファーで頭で合わされて失点。



さらにDFのパスミスからサイドを切り込まれて、あえなくオウンゴールで失点。



最後は、キーパーが不用意に出てしまって、空のゴールに放り込まれて失点。。




今までの耐えていた必死さは、何人かは見受けられましたが、やはり戦いから逃げ出していたのも何人かいましたね。



HTには、後半の修正とコレまでの駄目さ加減をきっちり悪い言葉も入れながら厳しく叱りおくりだしました。



コレが終わったらもう韓国で強化の試合葉できひんのや!!!!的な指示が多かった・・(今回で何回言ったとおもてんねんこいつら・・・)




後半は、相手の交代やら、こちらの交代もありながらの展開でしたが、相手のレベルもガクンと落ちたこともあってほぼ相手のコートで試合し、決定機も結構外してしまったのもあって追いつけず、3−4で敗戦でした。。。



これで何か選手の中で火が点いてくれたらいいんやけど。



空港への時間がないため、試合終わりのミーティングもままならないまま、急いで空港へ


DSC00859.jpg

そして、お土産タイムも30分強しかなかったですが、慌てて帰国しました。


DSC00866.jpg




DSC00886.jpg

言った事だけがプラスではありません。



これから、自分がどうありたいのか?



を見つめなおし、変わっていく事ができれば、この遠征はプラスだったはず。



出動時間が短い選手ももちろんいましたが、これからの行動が楽しみです。




posted by Jr. at 19:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 夏休みの遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて投稿します。
反抗期の息子はあまり韓国遠征の話をしないので、韓国遠征の雰囲気が分かり楽しく読ませてもらいました!!
息子を見ていると戦えなかった選手の一人かなと勝手に思っています。運良く韓国に行けた息子ですが、この遠征の経験を活かして成長して欲しいものです。
これからも、個々が戦えるチーム作りの悪戦苦闘の報告を期待しております。

Posted by オヤジ at 2010年09月12日 13:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162272284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

セゾンたいむす topへ戻る