2010年09月03日

韓国遠征  2

DSC00835.JPG


韓国遠征   2日目

ホテルから撮った写真です。


雨が降るかなと思っていたのですが、中国に台風は抜けたようでした。

こんなに綺麗なビーチだったんですねw


昨日は荒れに荒れていましたから。。。



しかし、暑い。。。


暑さは、日本と変わりませんわ。。


まぁ、釜山ですから、海を隔ててはいますが、対馬列島と変わらない位置ですからね。。






本日は、釜山を本拠地に置く「I Park」というKリーグの下部組織のチームと釜山でベスト4のチームとの対戦です。


DSC00831.JPG



試合前のアップの様子です。



最初は、3年生が試合です。



相手は、体格もしっかりしていて、滋賀では大きいほうの部類に入るセゾンの3年生も少し小さく見えるほどでした。


試合開始



I Parkは、システム的ではありますが、裏を取るのが上手く、3人目の動きがアグレッシブでした。プレスも早くセゾンとしては、とても練習になる相手でした。


昨日とは打って変わってチームのレベルが上がった為、少しもたついた立ち上がりでしたかね。。(私が言うのもなんですが、前日負けてますし。。)


そして、裏を走られて、素早い低いアーリークロスからの失点が続き、前半は0−4で帰ってきました。



今回ばかりは、岩谷監督も少しハーフタイムにベンチに入ってゲキと指示を叩き込んでいました。


後半開始!後半に入る子供達は目つきも変わっていました。



後半は打って変わってこちらが逆にプレスが俄然早くなり、相手のミスが出始めました。


そしてズルズルラインが下り、セゾンのペースに!



そして、後半は2−1で帰ってきました。




プレスの効きが後半はまるで別のチームのような動きで、相手は慌ててましたね。実際にそこをドリでかいくぐってくる相手選手はあまりいなかったですね。





さあ、2年生です。



昨日の反省は活かされるのか?

戦える選手が出てくるのか?

そして、3年生の戦い方を参考に(相手の攻め方や弱点などや相手のストロングポイントなど)して、試合に送り出しました。


ここに何をしにきたのか?それはやっていきながら感じるしかない。


海外で本当に戦うという意味。日本という島国ではわからない戦場がここにあるのです。



私も、指導者としての子供達に戦わせる事がしっかり出来るのかが課題です。



試合開始


開始から、やっぱり逃げの選択をする人間が出てきました。

そして、そこからのミス。


そして、3年生での試合でもやられていたように、背後を取られて、アーリークロスにことごとく失点。。。


横からの対応がほんとに出来てない。(私が用意して韓国に行かなかったのが9割原因です)


ニアに入られては先に触られて失点。


ニアのポジションも、相手はニアに入ってきながらしっかり腕や体でブロックしてポジションを譲らないんです。セゾンの2年生のDFも必死に入ろうとしているのですが、相手に先に入られてるからどうこうもできない。


ここは本当に、自分の意識を大きく変えさせられました。(こういうサイド攻撃への対応の仕方など)


そして、背後の取られ方。


ポストにDFが引っ張られて、その背後に走られて裏を取られる。(セオリーですが、コレをきっちりしてきました)


もうミスから、背後取られて失点の流れで前半は0−5で帰ってきました。




チームの連動性とDFへの切り替えの遅さ、など戦術的なことももちろんあるのですが、一番欲しいのはいつもの力を出せる強い精神力と闘争心です。


闘争心がないので、全てが遅くなるし、ドリもパスも中途半端になる。DFも遅れがちになる。


ええことあらへんやん。


まずは、当たり前のそこから始めるように言いました。闘争心がないと本当に技術が小手先になるんやで。


相手を倒してやる!相手をだましてやる!相手をおちょくってやるねん!!!


闘争心の事とサイド攻撃の対応と話して後半に送り出しました。



後半は、少しは変わったかなという印象くらい。


いつも通りに出来る奴が5人くらいか。。


半分もびびってる奴が出てたら、本当にチームで戦えない。



後半は、1−4で帰ってきました。




いやぁ、自分を含めてまだ韓国の地で戦えてない。。



こんなんじゃ日本帰れない。。。



でも現実はコレなわけで。。



試合としては、いいところを探す方が難しい。



午後のゲームは本当に私と子供らの真価が問われる。。





2日目 午後へ続く





では。
ラベル:韓国
posted by Jr. at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休みの遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

セゾンたいむす topへ戻る