2010年07月12日

まじまに決勝レビューw

スペインは確かに、バルセロナの選手が多くおりチームとしてやりやすい形だったかもしれない。



が言い換えれば




自国リーグのあり方や運営方法・指針+リーグ所属の各チームの信念・育成のあり方が合致した結果ではなかろうか?



ハイクオリティなサッカーをするメンバー(今回はバルセロナ中心であるのは間違いない)をそのまま代表にごっそり移植できる。

普段チームで練習していて、連携はもちろん各選手の特徴やクセやいい所を熟知している。


(もし、ワールドカップ中にチームで試合があったらバルセロナはほぼスタメンいない状態w)




これが、これからの代表のモデルになるかも?(私の意見なのでw無理w)




現に、セリエAでは外国人枠を減らす事を決定?検討している模様だし。


http://news.livedoor.com/article/detail/1486185/(livedoorニュース参照)





かといってJリーグでこれをやっても焼け石に水やろうし、





まだ日本は世界から見ればサッカー中堅国にもなれてないだろう。(後進国でもないw)




となると、東の端の島国である日本は、南米大陸とよく似た形をとるのがまず1番手っ取りはやいのではないかな??



有力選手は、早々海外リーグへ旅立つ。


そして、国内は各チームがチームカラー(出来ればポゼッションをカラーに)を持って、若手を中心にチーム作りして、若手をうまくベテランがまとめたり面倒見て、盛り上がる国内リーグにする!!

(無理かな・・・結果主義やからなJのチーム内部は・・・プロの世界やから当たり前と言えば当たり前なんやけど)

(これが1番改善しなあかんとこやろな。これこそ歴史と信念が1番いる)


(バルセロナは独自の運営を行っているチーム・ソシオという会員が下支えしている)

(こういったJの各チームが信念貫けるように環境整備を協会とJリーグが徹底してやるべし!!!!!!!!)




これでしょ!!





もちろん、繋いで勝つサッカーをスペインが模範として、ワールドカップ制覇を信念貫いたサッカーでやってのけてくれたんだから、


スペインの小柄な選手ができたんやから日本人にだって絶対出来ると信じて貫いてやるサッカーを日本国内で日本サッカーの土台になるようにしていくしかないでしょ!!




そして、我が日本には大きな強みがあるでしょ?


大会直前まであんだけボロボロやったチームが、短時間で1つにまとまれる。


これ日本人の特技でしょ?(東洋の島国で農耕民族!!)


短時間でチームワークが築けるんやから(今回はDF戦術への切り替えだったが)


そして、忘れてはならないことが1つ




それは、復興精神!!



これを書いたら非難・批判されるかもやけど、世界で唯一の被爆国であること。


そして、世界が驚くほどの高度成長を遂げた国の血が流れているのだから!!






次は世界を驚かせて欲しい!!






もう4年しかないですよ〜〜!!!?





※この文章は私の個人の意見なのであしからず!



このブログを見ていただいている方に感謝します!


皆様の役に立つブログを目指します!


応援してくださる方ここを一つクリックお願いいたします!



人気ブログランキングへ

ブログランキング


よろしくお願いします!
posted by Jr. at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

セゾンたいむす topへ戻る